メール副業での収入は確定申告で税金を払う

公開日: 

メールレディの副業で得た収入は毎年3月までに確定申告で申告する必要があります。しかしながらやり方が良く分からない、出来るだけ支払いたくない、安くしたい、会社にバレ無い方法があるのか?など色々な疑問が出てきます。

確定申告をしなくても良い条件は?

申告する対象は1/1~12/31までの所得です。この間の金額を税務署に申告して所得税を納める必要があります。まず本業(会社員など)の場合は20万円以下なら雑所得になるので申告は不要になります。また専業主婦の方の場合年間38万円がボーダーラインになってきます。基本的に扶養に入ってる方なら申告は不要です。

経費を提出してお得にする

実際に振り込まれた額から必要経費を引くことができます。たとえば仕事で使ったスマートフォンの利用料金などは対象にできます。また何が経費にできるかわからないので、とりあえず領収書は取っておきましょう。

会社にバレずにする方法は?

一番バレるのは会社で給料から天引きされている住民税などが変わる事です。副業の分も同じように天引きされると、会社での計算と違うのでばれます。ですので住民税の徴収方法は普通徴収を選びましょう。

とりあえず相談してみるのが最適

マイナンバーが銀行口座に紐づけされると今まで以上に副業がバレやすくなります。また国でも副業を推奨する動きになっています。実際そうなる前に確定申告に慣れておきましょう。申告方法に不明な点がある場合は税理士に相談するのがベストですが、税務署の無料相談ならタダで教えてくれます。不明な事はすべて聞いておいた方がいいでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑